「障がい福祉サービス」事業の経営を総合的に支援させていただきます。

児童発達支援

支援の概要
日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適用訓練、その他必要な支援を行う。

対象
療育の観点から集団療育及び個別療育を行う必要があると認められる未就学の障がい児
具体的には次のような例
1.市町村等が行う乳幼児健診等で療育の必要があると認められた児童
2.保育所や幼稚園に在籍しているが、併せて、指定児童事業所において、専門的な療育・訓練を受ける必要があると認められた児童

人員基準
管理者;原則として専らその事業所の管理業務に従事するもの(支障がない場合は他の職務と兼務可)指導員又は運転手とを兼ねることはできない。
児童発達支援管理責任者;1人以上(1人以上は専任かつ常勤)
指導員又は保育士;1人以上は常勤
機能訓練担当職員;機能訓練を行う場合に置く

主なサポート内容は、トップページに記載しております。

PAGETOP
Copyright © グラシアス行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.